親孝行Net おすすめランキングで選ぶ高齢者の食事宅配

親孝行Net  おすすめ比較ランキングで選ぶ高齢者向け宅配弁当・食事宅配・宅食

このブログでわかること
    • ・高齢な両親の食事の心配を軽減できるのは食事宅配・宅配弁当そして宅食
    • ・最適な食事宅配サービスを選ぶには本人とのコミュニケーションが最も大事
    • ・本人の希望をできるだけ聞いて選ぶ
    • ・特に味が大事でこれをおろそかにすると続かない
    • ・健康状態によっては制限食、介護食等を選ぶ
    • ・食事宅配・宅配弁当・宅食業者の高齢者おすすめ人気ランキングは次の通り

    1位 ワタミの宅食
    2位 食宅便
    3位 やわらかダイニング
    4位 まごころケア食
    5位 わんまいる

    ランキング概要を先に見たい方はこちらをクリック

ご両親の食事にこんな心配がありませんか?

高齢者の食事

故郷を離れて数十年、都会に住んでいて最近思うことが実家の両親の食事です。
歳を取るにつれて心身だんだんと弱ってきているのです。
今では、買い物に出かけることや料理をすることも億劫になっています。

この方のように多くの方々の高齢の両親の食事には概ね次のような心配があります。

  • ・自分で料理ができなくつつある
  • ・買い物が大変そう
  • ・コンビニやスーパーの弁当、総菜に飽き飽きしている
  • ・栄養バランスが良い食事ではない
  • ・飲み込む力や噛む力も弱い
  • ・減塩、糖質、タンパク質などの食事制限がある
  • ・食費の負担が重い
  • ・離れたところに住んでいるので手伝えない
  • ・見守りの必要も感じている
  • ・どうしたら良いかわからない

そんなご両親には食事宅配・宅配弁当・宅食があります。

高齢者 宅配弁当

食事に不自由を感じている高齢者の方向けに食事宅配・宅配弁当・宅食が大変便利です。

食事宅配・宅配弁当・宅食がおすすめな理由

高齢のご両親に宅食・宅配弁当等をすすめる理由は次のとおりです。

  • ・買い物が不要で料理しなくてすむのでラクになる
  • ・豊富なメニューでバラエティに富む
  • ・管理栄養士の献立で栄養バランスが良く美味しい
  • ・1食345円~と安く個別に注文できる
  • ・健康状態に合わせて普通食、制限食、介護食が選べる
  • ・配達で見守りもできる

食事宅配・宅配弁当・宅食のデメリット

食事宅配・宅配弁当・宅食にも都合の悪いことやデメリットがあります。
メリットと合わせてデメリットも検討したほうが良いでしょう。

  • 最初美味しくてもだんだん飽きて食べなくなる
    これが最大の問題、対策としては複数の業者を選ぶ
  • ・味付けの好みが合わないことがある
  • ・自炊よりコストがかかる
  • ・冷蔵庫に入らないことがある
  • ・外出しなくなる

食事宅配・宅配弁当・宅食選びにはご両親とのコミュニケーションが最も大事

宅食、宅配弁当の相談 宅食、宅配弁当の相談

どこの食事宅配・宅配弁当・宅食を選ぶにしても、最も大事なのがご両親との意思疎通です。
本人の生活で最も大事と言える食事のことですから、安心して満足できるようにしてあげてください。

そのためには、本人の健康状態、生活のリズム、味の嗜好などを十分に把握して、最適の食事ができるようにすることが最も重要です。

これを十分にしていないと、宅配弁当等への不満や苛立ちが多くなり食事も楽しくなくなります。

また宅配弁当等を続けていく中で状況の変化もありますので、できるだけこまめにコミュニケーションをとるようにしてください。
その際、ご両親がメールやLINEができるならいいのですが、できない場合は訪問、電話などを使いましょう。

特に大事なのが、味の好みです。
本人が味を気に入らないと食べなくなり、継続できなくなります。
まず、味が好みかどうか確かめて、次に普通食、制限食、介護食などを考えましょう。
少々のことは目をつぶって、本人の気に入る味の食事にしてあげてください。

  • ・宅配弁当等を選ぶ前に十分にご両親の健康状態、日常生活リズム、食への希望を把握しておく
  • ・本人の希望にそった、特に味を大事にして宅食、宅配弁当を選ぶ
  • ・継続中にも状況の変化や食事に満足しているか注意を怠らない

本人と相談して食事宅配・宅配弁当・宅食を選ぶ

いよいよご両親に合った宅配弁当等を選びます。

前にも述べているように、ご両親の健康状態、生活リズム、ご希望にそって本人とコミュニケーションを十分に取りながら検討してください。

話し合いたい項目は次のように多くありますが全てうまく行くとは限りません。
上から順番に決めていくと良いと思います。

  1. ・好みの味
  2. ・メニューの豊富さ
  3. ・食事の種類(普通食、制限食、介護食)
  4. ・保存のタイプ(常温、冷蔵、冷凍)
  5. ・ご飯の有無(弁当、惣菜)
  6. ・注文単位(1食づつ、5食づつ、7食づつ等)
  7. ・料金
  8. ・アレルギーの有無

1 本人の好みの味を選ぶ

本当にこれが大事なのですが、これほど選びにくいものはありません。
本人の気に入る味は、個人によって千差万別ですし、和食、洋食、中華などの種類もあります。
薄味、濃い味などもあります。

食事宅配サービスにお試しコースがあれば確認できるので安心です。
現実には本人の好みの味が継続には最も大事という意識を忘れないようにするくらいしかありません。

2 食事の種類を選ぶ

味の次に大事なのは普通食、制限食そして介護食をどうするかです。
これらは本人の健康状態によって選んでください。

特に、制限食や介護食は味なんて言っていられない場合もあります。

普通食

栄養バランスや季節の食材をできるだけ取り入れて特に健康に支障がない方向けの普通の食事です。
普通食は、味の好みを比較的合わせることができます。

制限食

ご両親の持病や症状に合わせるため、塩分、糖質、タンパク質、カロリーなどの量を減量、調整した食事です。
制限食は、それぞれの成分が控えられている上に味も考えられています。

制限食にしたほうが良い症状は次のようなものがありますが、必ず主治医等に相談してください。

  • ・糖尿病(カロリー制限、糖質制限)
  • ・高血圧(塩分制限)
  • ・高脂血症(塩分制限、糖質制限)
  • ・腎臓病(カリウム制限、タンパク質制限、カロリー制限、水分制限)
  • ・がん(塩分制限、アルコール制限)

食事宅配サービスの中には、どんな制限食を選んだらよいか管理栄養士に相談できるところがあります。
目的にあった食事選びのアドバイスがもらえますが、中には定期コースに入らなければならないことも。
無料かどうかは事前に確認してください。

介護食

噛む力、飲み込む力が弱くなっている方のための食事で、やわらか食、刻み食、ムース食などがあります。
噛む力や飲み込む力の強弱に合わせて柔らかさを選べるかどうかがポイントです。

2 保存のタイプを選ぶ

次に大事なのが宅食や宅配弁当がどのような保存状態で届けられるかです。
宅配弁当等は3つの状態で届けられます。

1 常温
2 冷蔵
3 冷凍

1 常温

常温は、調理された宅配弁当等をそのまま冷やさずに宅配されるものです。

メリット

  • ・湯煎やレンジを操作しないので安全
  • ・味は冷凍より美味しい
  • ・送料(配達)無料が多い
  • ・昼食用、夕食用が注文できる
  • ・見守り効果がある

デメリット

  • ・早く食べないと傷みやすい
  • ・全国チェーンが少なく、店舗により対応、メニューなどがバラバラ

2 冷蔵

冷蔵は、調理された宅配弁当を冷やした状態で届けられます。
冷蔵で届けられる宅配弁当は冷凍に比べて多くありません。

メリット

  • ・送料、配達料の無料が多い
  • ・温かくならないよう保冷して置いてくれる

デメリット

  • ・冷凍に比べて宅配弁当業者が少ない
  • ・受け取り時間の指定ができない
  • ・保存が効かないので早く食べなければならない

3 冷凍

冷凍は、調理された宅配弁当を冷凍にして届けられます。
圧倒的に冷凍の宅配弁当が多くあります。

メリット

  • ・保存が永くできる
  • ・レンジ、湯煎等ですぐたべられる
  • ・食べるタイミングが調節できる
  • ・制限食、介護食などのお弁当の種類が豊富
  • ・日付、時間指定ができる

デメリット

  • ・湯煎やレンジを使うので危険
  • ・冷凍庫が占領される
  • ・送料がかかる
  • ・ご飯付きが少ない

保存タイプの一覧表はこちら

3 弁当か惣菜かで選ぶ

宅配弁当等は弁当タイプなのか惣菜タイプなのかで選べます。

弁当タイプはご飯とおかずが1セットになります。
惣菜タイプはおかずだけです。

ご飯を炊ける高齢者は惣菜タイプの方が美味しく食べられます。

4 注文食数で選ぶ

毎日3食の食事ですが、大事なのはいつ配達してくれるかです。

次の3パターンがあります。

1 毎食ごとに店舗の配達員が届ける
2 毎日、配達員が届ける
3 まとめた食数を宅配業者が届ける

1 毎食配達

これが理想ですが、結構面倒です。
中小の地域に根ざしている食事宅配サービスがほとんどです。
配達時間の指定は原則できません。
配達による見守り効果が期待できます。

2 毎日配達

セブンミールやヨシケイなど配達のスタッフが毎日届けてくれます。
配達時間の指定は原則できません。
配達による見守り効果が期待できます。

3 まとめ配達

全国規模の大手食事宅配サービスがこの方法で冷凍の宅配弁当がまとめて届けられます。
5日分、7日分などが一般的です。
冷凍食品ですから、玄関先での受け取りになります。
注文する前に、冷凍庫の余裕があるかどうか確認してください。

留守の場合は、再配達をお願いできます。
配達業者は、ほとんどがヤマト運輸です。

4 置き配、日時指定

置き配とは留守でも、宅配弁当等を保冷できる宅配ボックスなどに置いていってくれるサービスです。
冷凍の場合は置き配できない場合があります。
中小の冷蔵の宅配弁当などは逆に置き配サービスをしてくれるところが多くなります。

宅配の日時指定は、大手が利用するヤマト運輸などは日時指定ができます
中小の食事宅配サービスは日時指定ができないことがあります。

5 メニューの豊富さで選ぶ

続けて利用するなら食べ飽きないようにメニューの豊富さが大事です。
メニューは、随時追加されたり、一定期間は同じメニュー、週替わりメニューなど食事宅配サービスによって千差万別です。
週替りのメニューなら、毎日の食事も飽きることが少なく楽しめます。

ただし、制限食や介護食などはメニューの入れ替わりが普通食に比べて少ない傾向にあります。

6 アレルギーの有無に注意する

高齢者でアレルギーがある人は。若い時ほど体力もないので注意するひつ様があります。

アレルギー表示義務のある7品目(卵、乳、落花生、そば、小麦、えび、かに)については、宅配サービス業も表示しています。

ただ、表示推奨の20品目については、まだまだのところもあります。

両親とよくコミュニーケーションを取り、アレルギーがある場合は影響が出ないように対応しましょう。

注文者の方でチェックすること

注文者とは、この場合子供であるあなた自身のことです。
ご両親とは必ずしも相談せずに、決めれらることもあります。

主に、宅配弁当を届けてもらうために事務的にチェックしたり、手続きしなければならないことです。
それらには次のようなものがあります。

  • 1 配達エリア (全国対象、地域対象)
  • 2 申込み・注文手段 (ネット・電話)
  • 3 料金
  • 4 飽きたら止めることができるか

1 配達エリア

日本全国を対象としている大手の宅配弁当業者であれば、ほとんどの地域をカバーしています。
大手の業者は、参考にできる情報も多いのでとりあえずはおすすめです。

地域と対象としている中小の宅食サービス業者は、宅配可能エリアがあります。
近所で高齢者向け宅配弁当を取っている知り合いや友人があれば評判を聞いて良ければ選んでも良いと思います。

2 申込み・注文手段

 

ネット・電話

ネットで注文できれば、出先でも注文でき、注文履歴を確認すればストックが分かり買いすぎも防止できます。
また、営業時間内でなくても注文できますので便利です。

ネットができなければ、電話で注文することになります。
電話でしか注文を受け付けないところもありますので要注意です。

3 料金

毎日の食事のことですから、料金も大いに気になりますね。
できるだけ食費を抑えたい人も多いと思います。

1食あたりの料金比較

料金比較でわかりやすいのは1色分の料金と送料です。

現在の1食あたりの相場は400円~800円くらいです。
ただし、料金はおかずの質や量に違ってきますので、本人が食べたい量やおかずの品数にも注意してください。

また、1回の注文金額が5,000円以上は送料無料となるサービスが多くなってきていますが、送料が無料にならないこともあります。

4 飽きたら止めることができるか

ある程度続けていくと、本人が味に飽き飽きして食べなくなったりすることがあります。
こうなると味を変えるのばよいのですが、食事宅配サービス業者を変えることになります。

この場合、簡単に止めることができない場合があります。
申し込みする場合に、この事をよく考えてから契約するようにしてください。

高齢者向け食事宅配5社のおすすめランキング

高齢なご両親向けの食事宅配サービスを説明してきましたが、食事宅配の会社は数多くあります。
できるだけご両親やあなた自身が満足のいく会社を選ぶには、人気があるおすすめのランキングがあると参考になります。

そのため、当ブログでは客観的なデータに基づくおすすめランキングを作成しました。

客観的なデータとは、ネットで「高齢者 宅配弁当 おすすめ」のキーワードにより検索して、表示された各ブログのランキング順位でそれぞれの会社に加点しました。
それらの加点を合計して多い会社順にランキングしています。


高齢者向け食事宅配会社のおすすめランキング

順位 会社名 得点
1位 ワタミの宅食 107
2位 食宅便 97
3位 やわらかダイニング 94
4位 まごころケア食 77
5位 わんまいる 56

これらのランキングは、1位が絶対にいいというわけではありません。
肝心の味については、個人差が大きいので1位だからといって美味しいわけでもありません。

様々に考えていく中でランキング順位の高いほど失敗する確率が少ないというくらいです。
ですから、ランキングの上の会社から順々に検討してください。

ランキング計算の詳細については、次の記事をご覧ください。

高齢者向け食事宅配会社のおすすめ人気ランキングの根拠

1位 ワタミの宅食